「黒豆」の作り方

おせちで困ったら

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
おせちの定番といえば「黒豆」。自分でつくろうとすると意外と手間と時間がかかります。
おせちで困ったらメインimage

「黒豆」の作り方

「おせち」に不可欠な料理「黒豆」。

一般的には重曹を用いて作るものとされていますが、実は重曹が無くてもふっくらとした黒豆が作れるんです。

先ずは黒豆を水道でサッと洗った後、黒豆の六倍の量の水で豆を戻します。

戻し時間はおよそ一晩、戻した黒豆は完走した状態の2~3倍に膨らんでいます。

出来上がりにこだわるなら、革の敗れた黒豆はこの段階で省きましょう。

戻った黒豆に、乾燥時の黒豆と同量の砂糖を加えて戻し汁と一緒に火にかけます。

この際、哲たまごや鉄釘などを入れると黒豆の色が安定し美しく炊きあがります。

砂糖を鍋に入れたら軽く全体を混ぜ、中火で10分位かけて火を通します。

黒豆は少しでも空気に触れると表面にシワが寄ってしまいますので、炊いている間も豆が空気に触れないように落とし蓋をするように。

そして煮汁が湧いてきたら丁寧にアクを取り除きましょう。

アクを取り除いたらコンロの火は弱火にして、さらに3時間から4時刊ほど、じっくりと豆を煮ます。

にこぼすこともなくじっくりとじっくりと時間を掛けて煮ましょう。

途中、必ず火加減が強すぎないか確認するようにしましょう。

煮上がったら、黒豆が柔らかくなっているか確認しましょう。

確認方法は、豆を指で縦に持って潰せるかどうか…、これだけです。

簡単に潰せるようであれば豆は十分に柔らかくなっています。

最後に醤油を小さじ一杯入れて「黒豆」の完成です。

1日くらいは鍋のまま置いておいて、後日タッパーや瓶に詰めて、冷蔵庫で保管しておくとよいでしょう。

おせちには欠かせない黒豆ですが、いざ自分でつくろうとすると…、結構手間と時間がかかるものなんですね。

素材を最大限に活かした、おせちの通販ならOisix(おいしっくす)へ!